2017年12月14日 (木)

雛人形のルーツ。



今日の京都は日中、雪が降りました。

そやけど気温は低くても、2月の底冷えに比べたらまだまだ序の口。

京都の本格的な冬はこれからです。


師走の京都からお送りする、女将の直伝シリーズ其の五・・・

「雛人形のルーツ」について。


皆さま、こんにちは。

毎度おなじみ、女将の奥の深~い直伝シリーズです。


男女一対にしてまつられる、「雛人形のルーツ」といわれているのが、

「天児(あまがつ)」というお人形です。



あまがつ



天児は、30㎝ほどの竹二本を束ねて胴とし、

さらに別の竹を横に組み合わせて手とし、

絹の丸い頭を付け、目・鼻・口を付けた素朴なお人形です。


その起源は平安時代ともいわれています。


幼児に降りかかる災いや穢(けがれ)を負わせるために

この人形に衣装を着せ、枕元に置かれました。

さらに自分の分身として生涯持ち続け、

毎日お供え物をして大切にされたということです。


まさに、「お雛さまのルーツ」と呼ぶに相応しい縁起。

さかのぼれば、立雛がお雛さまの始まりだったのですね。。。

う~ん、納得!!


本日の女将の直伝シリーズも、目から鱗のお話でしたね、、、(自画自賛!)

「又一つ、お雛さま通になりました!」というお声が聞こえてきそうですが、、、

次回もまだまだ続きますよ~、どうぞお楽しみに。





<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形






| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

誕生日のお祝い。



長女の誕生日のお祝いに、泉仙さんで仕出しを

お願いしました。


いずせん



風邪気味の娘は、鼻が詰まって味がよくわからないらしい(^-^;笑

いずれにせよ、いくつになっても誕生日はめでたいものだ!!!


      **Happy Birthday To Yui 💖**


そのあとは恒例のBirthdaysong の大合唱♬♪笑



ケーキ




今年も家族揃ってお祝いできるしあわせ。

「お誕生日おめでとう!」

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形






| コメント (0) | トラックバック (0)

大好き、岡崎。



わたしの好きな左京区岡崎界隈。

生まれ育った懐かしい場所です。


小学生の頃は放課後、府立図書館に行ったり、

アリーナ(今はなくなった、スケート場)に行ったり。。。

毎日、ほんとに楽しかった、、、鮮明に記憶に残ってる。


今は、京都会館がロームシアター京都になり、

動物園が見違えるほどきれいに整備されて、

人も増え、

遠い記憶の岡崎とは変わってしまったけれど、

それでもやっぱり大好きな岡崎です。


ロームシアター京都







<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

雛人形の選び方。



日々、お客さまとの出会いを楽しむ女将です。


ご来店いただくお客様へ、、、

大胆かつ、思い切ったお願いがあります。


工房のホームページにあります、

お雛さまの美しい佇まいを作る」と「京ひな人形へのこだわり

のページを必ずご一読いただいてからご来店いただきたく、


と申しますか、、、


「必ず隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

(うわぁー、思い切って言うてしもた(^-^;)

という、大胆なお願いをする理由。


毎年、

「毎週、何軒もお人形屋さん巡りして、疲れてしもた~」

「もう、何を基準にして雛人形を選んだらいいのか、わからへん、、」

というお客様のお声を耳にすることが多く、

雛人形選びが難行苦行になってしまっているという現実。


お嬢ちゃんのせっかくの初節句をお祝いするお雛さま選びなんですから、

もっと楽しく効率よく、

雛人形選びをしていただくために、

あえて思い切ったお願いをさせていただきます。


「隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」


必ず「雛人形の選び方」の参考にしていただけますよ!!

どうか、「お雛さま選びも楽しい思い出になりますように。。。」




<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形





| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

お客様からいただいたお手紙を更新しました。


お雛さまをお届けさせていただいたお客様から毎年、

可愛いお写真と暖かなお手紙をいただきます。


たくさんのお客様が、

「うわぁ、この子かっわいい!!」とか、

「こういう風に飾ったらいいんやね~」とか、

「Y,Kちゃんとおんなじお雛さまがいいんです。」とか、

お雛さま選びの参考にしてくださいます。


今年もたくさんの笑顔に元気をいただきました。

これからもひたむきに正直に、やさしい気持ちで、

お雛さま作りに励みます。


皆さまにはお手数をおかけし、本当に感謝です!

早速ホームページ上に掲載させていただきました。



<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

今日は大文字。


京都は夏真っ盛り。

朝から蝉の大合唱です。


今年も「護摩木」 書きに銀閣寺まで行ってきました。

お墓参りに行った帰り、11時前に着いたらなんと、すごいたんとの人の列。


ご先祖さんを思う気持ちはみんなおんなじなんやなぁ、、、(しみじみ。。。)

無病息災と家内安全を祈願しました。

大文字保存会の皆さんに感謝。

護摩木割ったり運んだり、皆さん汗だくで一生懸命の作業です。


つるべ


帰り道、参道沿いにとてもええ感じのお店を発見!

ご自宅の蔵を改装した雑貨屋さん。

護摩木


image1


井戸のつるべも、レトロなタイルの洗面台もおっされ~~✧♡

おかみの乙女ごころはうっとりしまくり。

わたしも蔵欲しい~~、の連呼(笑)

さて今年は雨も降らず 大の字がくっきり浮かび上がり、

心静かに手を合わせてご先祖さんを送ることができました。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

祝・初☆小山ロール at 兵庫県三田(さんだ)市

小山ロールいただきました!!

お初です。

謹んでいただきます笑


Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

京都の祇園祭は鱧(はも)祭り。


蝉が鳴いています。

もう梅雨があけるんかな。。。


13日、大丸さんに行ったとき、
用事が済んで外に出たら、
たまたま長刀鉾の「曳き初め」したはりました。


2

Photo


お稚児さんも乗ったはります。


毎年お囃子を聞くと、
「これからまた、暑なるなぁ。。。」
と 夏の訪れを実感します。


いかにも京都らしい、雅で奥の深いお祭りです。


同じ時期にある、
九州博多の「博多祇園山笠」の
男気あふれた勇壮なお祭りとは、対照的ですね!!


今年は宵々山、宵山が土・日になるから熱気ムンムン、
すごい人出でしょうね。


<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

梅仕事。



やっと、昨日から梅雨らしいお天気。
蒸し蒸しして じっとしてても汗がじわーっと出てきます。


この前から、賀茂川の水もいつものように清らかに流れてなくて、
そうなると、餌を探して 鷺もカモ達もいつもとは違う動きをするんですね、、、
じっと観察してるとおもしろいです!



鴨川は、やっぱり人にとっても鳥にとってもオアシスheart02



それにしても梅雨とは名ばかりのカラッカラの良いお天気が続き、
農作物にはやっと恵みの雨。。。



先日、毎年恒例となりました、梅干し作りに行ってきました。
どこまでって? 
そりゃもちろん、南高梅といえば、和歌山でしょうーー!!



人に言うと、
「えーーっ!和歌山まで行ってるん?!」
とびっくりされますが、

おかみのひろみさんはいつでもどんな時でも
ほんまもんを追及するんです(笑)



長女が東京でお勤めしてた時、
「母の味」なるものを届けて感謝させよう!いや、喜ばせよう!(笑)
と思い立って、
無添加・木熟の梅干しを漬けに行ったのが始まり。


今では、毎年この季節の梅仕事になりました。


木熟の南高梅10㎏を樽に漬け込みます。
市販されてる南高梅は大抵、まだ青いうちに採ってから
熟させるらしいのですが、
木熟の南高梅は木で熟したものだけを採る、
いわば、選りすぐりの選ばれた南高梅さんたちなんです!



ただ今年は雨が降らないせいで、梅も桃も不作らしく
貴重な木熟の南高梅を使って梅干しを作れることに感謝。



大切に可愛がって美味しい梅干しに育てます(笑)






<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

紫陽花のおばあちゃん


今日の京都は梅雨らしい恵みの雨。



今年もご近所のおばあちゃんに、何度も紫陽花をいただきました。
通りがかった私を見つけると
「紫陽花持ってく?」
と聞いてくださる。


「わぁ、うれしい!いつもありがとうございます。
お花があると、お家の中が華やぎます!」
というと、
お庭の紫陽花をパチンと切って手渡してくださる。


いつもにこにこ、お話のされ方がとっても優しくて
品のいいおばあちゃん、90歳ですって。
わたしの中の「紫陽花のおばあちゃん。」


Ajisai2


「はい、どうぞ、おたふくさんよ。」
と言って昨日くださったオタフクアジサイ。


小さいお花の先がくるんとカールしてとってもかわいい。
一気にダイニングテーブルの上が華やぎました。


紫陽花のおばあちゃんみたいな
おばあちゃんになりたいな。。。







<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

| コメント (0) | トラックバック (0)

«アスパラのご縁