« 人日の節句 | トップページ | ハレの日。 »

2011年1月25日 (火)

こだわりと思い


毎年、雛人形をご注文いただく時期は

一年で一番寒い季節です。


それにしても、今年の寒さはこたえます。

京都は底冷えに雪、毎日が冷蔵庫です。(笑)


吹雪く中を赤ちゃん連れでご来店いただくと

ほんまに頭が下がります。

風邪ひかさはらへんように、くれぐれも

気つけてあげてくださいね!


この前千本釈迦堂さんの中を歩いていると、

「阿亀桜(おかめざくら)」の花芽を見つけて

「こんな寒い間でも、春を迎える準備をしてるんやなぁ~」

と改めて感動してしまいました。


そう言うたら、ちょっとずつ、日が暮れるのんが

遅なってますもんね・・・

この前まで5時いうたら暗なってましたけど

いつのまにやら、まだ明るいですもん。


さて、今年もたくさんのお客様にご来店いただき

たくさんのご家族の絆を目の当たりにし、

親が子を愛おしいと思うお気持ち、

子が親を思いやるお気持ち、に感動させていただいて

います。


「たくみさんのホームページ、すみからすみまで

全部読んできました!」

と、うちのホームページを全てプリントしてお持ちいただく

お客様もいらっしゃいます。

ありがたいことです!!


この先ずっと長い間、お嬢ちゃんのお守りにしていただく

雛人形ですから、お作りするわたしたちの「こだわりや思い」

をお客様にしっかりお伝えしたい!という思いで書かせて

いただいています。


「雛人形って、どれでも一緒やん!」

「どこが違うのか、わからへんわ。」

と思ってるあなたも、ご来店いただく前に、

ぜひ お読みくださいね!

(重たいねん、とか言ってる人は、いませんかぁ~笑)






<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形で

« 人日の節句 | トップページ | ハレの日。 »

コメント

本日、無事にお人形が届きました!
京都からはるばるお越しいただき、お二方ともさぞお疲れになった事でしょう。

なかなか心に叶ったお人形に巡り会えない中、こちらのホームページで拝見したお写真が忘れられず、
突如クリスマスに駆け足の京都旅行となりました。
実際に工房で拝見すると、一目でこれまで見たものとの違いが感じられ、
どのお人形もお写真以上に素敵なものでした。
装束の襲の端正さ、新しさが感じられるのに斬新すぎない絶妙のお色目、柄合わせ、
裳や石帯など背後に至るまで行き届いたお人形はどの角度から見ても美しく、
これからのお節句を末永く楽しみなものにしてくれると同時に、
娘が成長するにつれ、歴史や古典に触れる際の入り口になってくれると思います。

今年の京都は一段とお寒いことと存じます。お身体にお気をつけて良いお仕事をなさってください。
本当にありがとうございました。

投稿: S | 2011年1月29日 (土) 23:24

S様

お心のこもったコメントありがとうございます!

無事にお雛様が届いたとのこと、又、喜んでいただけたようで、ほっとしております。

もったいないお褒めのお言葉をいただき、只々感謝です!

又一つ良いご縁を頂戴させていただきました。

どうぞこれからも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします!

ありがとうございました!!

投稿: おかみ | 2011年1月30日 (日) 23:26

おかみさん、こんにちは。
今年もおひなさんを飾りましたので写真撮りました。私の妹一家F家のおひなさんです。私の一家の分はまたそのうち。笑

投稿: えびな | 2011年3月 1日 (火) 21:17

えびな様

ご無沙汰しております。
コメントありがとうございました!

おひなさまをお届けしてからもう一年が経ちました。

美結ちゃんますます可愛くなられたことでしょうね。

先日、F様のお家の近くまでおひなさまをお届けした時に、去年のこと思い出しておりました。

ブログ、拝見しました。
わたしは、更新さぼってばかりでお恥ずかしい限りです。

お写真、さすが!きれいに撮っていただいてますねぇ~
ありがとうございます。

自然素材のこだわりのお家に、うちのおひなさま、相性ぴったりですよね!(自画自賛)笑

これからもよろしくお願いします。

投稿: おかみ | 2011年3月 2日 (水) 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179995/38596897

この記事へのトラックバック一覧です: こだわりと思い:

« 人日の節句 | トップページ | ハレの日。 »