« 誕生日のお祝い。 | トップページ | 京都 西陣 手打ち蕎麦の「かねいさん。」 »

2017年12月14日 (木)

雛人形のルーツ。



今日の京都は日中、雪が降りました。

そやけど気温は低くても、2月の底冷えに比べたらまだまだ序の口。

京都の本格的な冬はこれからです。


師走の京都からお送りする、女将の直伝シリーズ其の五・・・

「雛人形のルーツ」について。


皆さま、こんにちは。

毎度おなじみ、女将の奥の深~い直伝シリーズです。


男女一対にしてまつられる、「雛人形のルーツ」といわれているのが、

「天児(あまがつ)」というお人形です。



あまがつ



天児は、30㎝ほどの竹二本を束ねて胴とし、

さらに別の竹を横に組み合わせて手とし、

絹の丸い頭を付け、目・鼻・口を付けた素朴なお人形です。


その起源は平安時代ともいわれています。


幼児に降りかかる災いや穢(けがれ)を負わせるために

この人形に衣装を着せ、枕元に置かれました。

さらに自分の分身として生涯持ち続け、

毎日お供え物をして大切にされたということです。


まさに、「お雛さまのルーツ」と呼ぶに相応しい縁起。

さかのぼれば、立雛がお雛さまの始まりだったのですね。。。

う~ん、納得!!


本日の女将の直伝シリーズも、目から鱗のお話でしたね、、、(自画自賛!)

「又一つ、お雛さま通になりました!」というお声が聞こえてきそうですが、、、

次回もまだまだ続きますよ~、どうぞお楽しみに。





<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形






« 誕生日のお祝い。 | トップページ | 京都 西陣 手打ち蕎麦の「かねいさん。」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179995/72454716

この記事へのトラックバック一覧です: 雛人形のルーツ。:

« 誕生日のお祝い。 | トップページ | 京都 西陣 手打ち蕎麦の「かねいさん。」 »