2017年12月27日 (水)

雛人形の並べ方。

空は灰色。

今日の京都は雪のちらつく寒い日です。



終い天神さんも終わり、あと五つ寝たらお正月。

「いややぁ~、もっとゆっくり来て~、」

と駄々をこねても、お正月は刻一刻と迫ってきています。



師走、せわしなく年末を過ごし、一年をゆっくり振り返ることもなく

新年を迎えるここ最近の年末事情。



家族がみんな健康で年を越せることに只々感謝!



さて、いよいよ年内最後となります、女将の直伝シリーズ其の六・・・

「雛人形の並べ方」。



ここで皆さんに質問です!

雛人形を飾る時、お殿様は、向かって右にかざりますか? 

それとも左に飾りますか?



「あ、それ、よう聞く話や、わたし知ってる! 

京都の雛人形は右で、関東の雛人形は左!」



 一見正しいような気がするこの答、

ここからが女将の奥のふか~い直伝シリーズならでは、、、

耳の穴を開いてよーく聞いてくださいよ!



古代中国の思想に「天子南面す」という言葉があります。

それにより、京都御所の紫宸殿も南向きに建っています。



天皇が紫宸殿の高御座(たかみくら)に南を向いてお立ちになると

左が東になります。

東は日出る最高の方位ということで、尊いとされますので、

左に天皇様、右に皇后様という位置で立たれるわけです。



そのお姿をこちらから見ますと、

向かって右に天皇様、左に皇后様という並びになりますね。



この並びが、江戸時代から大正年間頃までは雛人形の伝統的な飾りつけでした。



しかし、昭和天皇の即位の際、皇室が導入した西洋式の儀礼に基づき

立ち位置が逆になられました。



この時のお姿を参考にした東京の人形業界がお雛さまの飾り位置も逆に置き換え、

普及したといわれています。



しかしながら、弊店では昔の伝統的な習いのまま、

「日出る尊い東の方位、向かって右にお殿さま、左にお姫さま。」

を飾り付けています。



「まぁ、京都の人って頑固やねぇ~、」

とか言うてる人誰ですかぁ~~??笑

頑固やのうて、あくまでも伝統を重んじるのが京都人なんです。



そこんとこ、よ・ろ・し・くぅ!!笑



年末押し迫った京都からお送りした女将の直伝シリーズ、

いかがでしたでしょうか?



次回もお楽しみに~~

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形








| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

雛人形のルーツ。



今日の京都は日中、雪が降りました。

そやけど気温は低くても、2月の底冷えに比べたらまだまだ序の口。

京都の本格的な冬はこれからです。


師走の京都からお送りする、女将の直伝シリーズ其の五・・・

「雛人形のルーツ」について。


皆さま、こんにちは。

毎度おなじみ、女将の奥の深~い直伝シリーズです。


男女一対にしてまつられる、「雛人形のルーツ」といわれているのが、

「天児(あまがつ)」というお人形です。



あまがつ



天児は、30㎝ほどの竹二本を束ねて胴とし、

さらに別の竹を横に組み合わせて手とし、

絹の丸い頭を付け、目・鼻・口を付けた素朴なお人形です。


その起源は平安時代ともいわれています。


幼児に降りかかる災いや穢(けがれ)を負わせるために

この人形に衣装を着せ、枕元に置かれました。

さらに自分の分身として生涯持ち続け、

毎日お供え物をして大切にされたということです。


まさに、「お雛さまのルーツ」と呼ぶに相応しい縁起。

さかのぼれば、立雛がお雛さまの始まりだったのですね。。。

う~ん、納得!!


本日の女将の直伝シリーズも、目から鱗のお話でしたね、、、(自画自賛!)

「又一つ、お雛さま通になりました!」というお声が聞こえてきそうですが、、、

次回もまだまだ続きますよ~、どうぞお楽しみに。





<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形






| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

雛人形の選び方。



日々、お客さまとの出会いを楽しむ女将です。


ご来店いただくお客様へ、、、

大胆かつ、思い切ったお願いがあります。


工房のホームページにあります、

お雛さまの美しい佇まいを作る」と「京ひな人形へのこだわり

のページを必ずご一読いただいてからご来店いただきたく、


と申しますか、、、


「必ず隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

(うわぁー、思い切って言うてしもた(^-^;)

という、大胆なお願いをする理由。


毎年、

「毎週、何軒もお人形屋さん巡りして、疲れてしもた~」

「もう、何を基準にして雛人形を選んだらいいのか、わからへん、、」

というお客様のお声を耳にすることが多く、

雛人形選びが難行苦行になってしまっているという現実。


お嬢ちゃんのせっかくの初節句をお祝いするお雛さま選びなんですから、

もっと楽しく効率よく、

雛人形選びをしていただくために、

あえて思い切ったお願いをさせていただきます。


「隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」


必ず「雛人形の選び方」の参考にしていただけますよ!!

どうか、「お雛さま選びも楽しい思い出になりますように。。。」




<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形





| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

お客様からいただいたお手紙を更新しました。


お雛さまをお届けさせていただいたお客様から毎年、

可愛いお写真と暖かなお手紙をいただきます。


たくさんのお客様が、

「うわぁ、この子かっわいい!!」とか、

「こういう風に飾ったらいいんやね~」とか、

「Y,Kちゃんとおんなじお雛さまがいいんです。」とか、

お雛さま選びの参考にしてくださいます。


今年もたくさんの笑顔に元気をいただきました。

これからもひたむきに正直に、やさしい気持ちで、

お雛さま作りに励みます。


皆さまにはお手数をおかけし、本当に感謝です!

早速ホームページ上に掲載させていただきました。



<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

初節句をお迎えのお客様へ


今日は春の訪れを五感で感じる、
おひなまつりにふさわしい 春めいたお天気です。



初節句をお迎えの皆さま、誠におめでとうございます。



工房では今年も、「ひちぎり」をお供えして、
たくさんのお客様のお手元に無事 お雛さまをお届けできたことに
感謝しました!



2




うちのお雛さまたちは今頃、それぞれのご家族の皆さまの
視線を一身に浴びながら、お嬢ちゃんをお守りする使命を
新たにしたはることでしょう!!



今年も未だお雛さまのお届けをお待ちくださっているお客さまには
お時間をいただき本当に申し訳ないことですが、
旧暦のお節句までにお届けできますよう、
ご用意をすすめておりますので
今しばらく楽しみにお待ちくださいませ!



これからも末永いお付き合いを何卒よろしくお願いいたします。



2017




女将の同級生のご実家、思文閣で行われている
「お雛様とミニチュアのお道具展」に行ってきました。



5




6




7




この三幅のお軸は、狩野探幽の縮図だそう。。。
精巧にできた小さなお道具たちは、
いつの時代も 小さきものを愛でる、女子の乙女心を
くすぐりますね!!


さて、ただ今工房では五月人形との展示替えを行っております。
「五月人形工房直販会」のご用意が整い次第、
ホームページ上でお知らせいたしますので、
今しばらくお待ちくださいませ。



<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

絶対お守りいたします!



昨日ご来店くださったKさま。

1歳になられたKちゃんが不二家のぺこちゃんみたいに
お目めのくりくりした愛くるしいお嬢ちゃんで、
赤いお洋服がとってもよくお似合いでした。



「ぺこちゃんみたいに愛くるしいお嬢ちゃんですねぇ~」
と言うと、お母さまも
「はい、ペコちゃんなんです!」
とのこと。



色々なお雛さまをごらんいただき
何点かの雛人形でお迷いでした。



わたしも違うお客さまの接客中だったのですが、



「Kちゃんのお雛さまは絶対このお二人!!
このお二人こそKちゃんのお雛さま。」



って、何だか不思議な直観センサーが働き、
主人が接客させていただいていたにもかかわらず、



「愛くるしいKちゃんには、絶対このお雛さまがお似合いです!」
って、横から思わずお節介をやいてしまいました。


何だか黙ってられへん衝動にかられてしまったのです。
(ほんと、ふしぎ・・・)


2



Photo_2



「でも お気遣いなく、、、お好きなお雛さまになさってくださいね!」
とは言ったものの、


「あ~、わたし、お節介やいてしもた、、、汗」
とちょっと反省。。。



ところが、最終的にはお父さまがわたしのペコちゃんを選んでくださり
めでたし、めでたし。。。


愛くるしいKちゃん、、、誰からも愛される素敵な女性にご成長される
ことでしょう。
おかみの選んだお雛さまがきっとお守りいたしますからね!!


Kさま、ありがとうございました!!
お届けを楽しみにお待ちくださいね。。。






<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>


| コメント (0) | トラックバック (0)

三人官女の休憩タイム。



お仕事の合間の休憩タイム。

何やら楽しそうな話し声が聞こえてきます。


「このお菓子、おいしそうでごじゃりまするなぁ~

いただいちゃいまするか。。。」



Photo




牛車を引く牛さんもお休み中です。





<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

雛人形の飾り方

 

 「おうちに雛人形が届きました。

   さてさて、どこに飾りましょうか???」


タンスの上?
カラーボックス?
玄関のシューズボックスの上?
はたまた、リビングのフローリングに直に置く。。。



とにかく先ず頭を悩まされるのが飾る場所だと思います。
今日から始まる女将の直伝シリーズ其のⅠ・・・「雛人形の飾り方」。



女将の理想は、、、あります!!
理想の飾り方があります!!
女将の理想はハードルが高いのです!!



しかしながら、せっかく待ち焦がれてやっと届いた雛人形
ですから、なるべく理想的に飾っていただきたい!



手取り足取り お教えいたしましょう~~~
ご来店お待ちしております!!笑






<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

シリーズ第三章は「立雛」です。



今日も 朝から雪の降る、凍えるように寒~い一日です。

これから節分の頃にかけて
京都は本格的な底冷えの季節を迎えます。



でも、その分 春を迎える喜びも大きいなるってこと。。。
京都の桜が美しいのは、
厳しい底冷えを乗り越えたご褒美なんやと思います、きっとheart04



さて、お待たせいたしました!
毎年大好評の(ほんまかいな、、、笑)
「隠してしまうのはもったいない!」シリーズ。



今年は、立雛のお写真をお撮りしましたよ。


Photo



もごらんくださいね!)



着せ付けが終わり、「腕(かいな)折り」をすると
見えなくなってしまう美しいお色や文様がもったいなくて、 
「写真を撮って、お雛さまのお届けを永らくお待ちくださっている
お客様にお見せしよう!」
と思って始めたシリーズ。
今年で3年目を迎えました。


「隠してしまうのはもったいない!」 シリーズ第三章。


弊店では、お雛さまのご予約をいただいてからお届けまで
お時間をいただきますので、
その間も 「どきどき ワクワク」を楽しんでいただきたくて
始めたのがきっかけです。



お届けまであと少し、お雛さまをお迎えいただく
心のご準備は整っておりますかぁ~~??



シリーズ第四章もお楽しみに!!



<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

新年は明日3日(火)より営業いたします。



十二坊さんの除夜の鐘を聞きながら
こころ静かに新年を迎えることができました。



皆さま あけましておめでとうございます。



暖かく 穏やかな 新年の幕開けです!



今日は朝から今宮さんに初詣に行き、
今年一年の家族の健康に感謝しました。



境内でこんな可愛い干支の「酉(とり)」さんを見つけましたよ!



Img_2859




たくさんの初詣客で賑わっていました。


Fullsizerender



Img_2870




Image1




久しぶりにわたしたちも「あぶり餅」いただきました。
白みそのたれが意外にあっさりして、相変わらずくせになるお味。
お正月ということもあって店員さんたちも大忙しでした。



さて新年は 明日3日(火) 朝10時から営業いたします。



今年も、ものづくりと真摯に向き合い、
お届けできる歓びを感じながら日々励んで参ります。



本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます!!






<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧